読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式で費用を30万円以上抑えるコツとは?

f:id:hamonaraki:20161123221142p:plain

このページでは結婚式の費用を30万円以上抑えられる方法を紹介していきます。 日程や料理、衣装など様々な要素を検証することで費用の削減が可能! 決して無理に切り詰めるのではなく、式のクオリティを下げずに費用削減できます。

日程について

結婚式を挙げるときにできるだけ費用を抑えたいならで平日に行うのがお勧めです。 会社の同僚や上司を呼びたい場合の平日開催は難しいですが、身内や特定の友達だけ呼びたいというケースなら平日でも問題ないでしょう。 早めに連絡しておくことで有給を取るなど対処もしやすくなりますからね。 そして平日の中でも割引が適用されるのが仏滅。 「仏滅は縁起が悪い」というイメージが強く、結婚式の開催数も減りがちです。 しかし、そういったものにとらわれず開催するカップルも数多く存在します。 平日に挙げると式場の使用料が10%から20%程度安くなることが多いです。 これだけで10万円から20万円ほど安くなるケースがありますから、ぜひ検討したい項目の一つです。

衣装について

そしてもう一つ費用を削減できる項目が衣装です。 何も中古の物や、みすぼらしいものを推奨するわけではありません。 考慮したいのは持ち込み可能かどうか。 式場ではそれぞれ新郎新婦向けの衣装が用意されています。衣装だけでなくシューズや手袋、ブーケ、トスブーケ、ブートニアなど小物類もすべて用意されています。 これらは会場でレンタルすると意外と費用がかかるもの。 持ち込んだ場合と比較してどちらが安く済むか検討しましょう。 持ち込みが可能な場合、自分の好きなデザインのドレスが格安で利用できるケースもあります。 持ち込み可能なら、複数のドレス屋さんをチェックして費用を比較してみましょう。

披露宴会場の装花

そして結婚式で費用を削減できる場所として、おすすめしたいのが装花です。 装花は会場に彩りを与える重要なものですが、花の種類や飾り付けを行うスペースによって料金が変わってくるんです。 ゲストテーブルは、1卓だけで2万円超えることもよくあります。 例えば20人来る時に「4人で5テーブル」を用意するよりも、「5人で4テーブル」用意したほうが費用を削減することができます。 またメインテーブルやエントランス、ケーキテーブルなどにも装花費用がかかりますので、出来るだけ安価で華やかなもの(カスミソウやレースフラワーなど)を選択するのがお勧めです。 あるいはあらかじめ費用を伝え、装花に避ける割合を伝えておけば、その費用内でできる最善な策をコーディネーターやフラワーコーディネーターが一緒になって検討してくれるでしょう。

料理について

料理も経費を削減できる部分ですが、参加する人の楽しみの一つと言えば、料理です。 あまりにも貧相な料理が出てしまうと、それが結婚式全体のイメージにつながりかねません。 料理のランクを落とすことはあまりおすすめできないので、可能な対応策をご紹介しましょう!

ドリンクはアルコールの場合、別途かかることを伝えておく

もし参列者のほとんどが車で来る場合、無理にアルコールを出す必要はありません。 その場合はノンアルコールが用意されていることもありますので、そういったドリンクコースを選択すると良いでしょう。 また18歳以下の参列者がいる場合はアルコールなしの料金で契約しないと、無駄な出費になります。 未成年料金向けのドリンクコースもあるのでコーディネーターに相談してみましょう。

食材や料理を入れ替えてもらう

料理は会場によっては臨機応変にメニューを変えてもらうことが可能です。 肉料理を魚料理に変えたり、前菜をオードブルに変えたりなど。 同じ料金内でちょっと華やかな塩釜包み焼きなどに変更すれば、それだけでも印象が変わりますね。 季節によって用意されている食材も違うので、時期によってはちょっと華やかさが足りないなと思ったり、ボリュームが不足しているかなと感じることがあります。 その場合は、「以前はこのようなメニューがあったと思うのですが一部変更はできますか?」と相談してみましょう。 できるだけ希望に合ったメニューに変更できるよう、コーディネーターも検討してくれるはずです。 以上、結婚式の費用を30万円以上抑えるポイントについてご紹介しました。 結婚式の華やかさをキープしつつも費用を抑える方法はいくらでもありますから、ぜひ検討してみてくださいね!

 

注目の記事はこちら

kekkonhonto.hatenablog.com